福島県立聴覚支援学校平校
0才からの相談。幼稚部、小学部。
確かな学力とともに、こころの成長やことばのちからをはぐくむ学校。
 
 

日々の様子をお伝えします

アクセス数

150406

連絡先

所在地 

〒970-0116
 福島県いわき市平馬目字馬目崎61

TEL 0246-34-2202
FAX 0246-34-5137 
fukushima-sd-taira☆fcs.ed.jp 
(☆を@に変えてください)




 

学校経営運営ビジョン

学校いじめ防止基本計画

学校いじめ防止基本方針
聴覚支援学校平校
学校いじめ防止基本方針(聾-平分校)(PDF)
 

きこえやことばの相談

 

聴覚支援学校平校へのアクセス地図

 

リンク先一覧

〇福島県立聴覚支援学校
郡山本校

福島校

会津校

〇福島県特別支援教育振興会
いわき支部
 

お知らせ

 
教育相談
 TEL 0246-34-2202
 
  
  お子さんのきこえやことばの発達に関する相談や情報提供、支援等を行っています。お気軽にご連絡ください。相談は、随時受け付けています。         
  
                                                                        
 

日誌

平ふくろう掲示板 >> 記事詳細

2017/07/27

平成29年度福島県特別支援教育研究会・言語障がい教育専門部研修会

| by:学校
 7月26日福島県立聴覚支援学校郡山本校において、「平成29年度 福島県特別支援教育研究会・言語障がい教育専門部研修会」が開かれ、平校の職員も研修会に参加してきました。

      
 午前は、3つの分科会(「主体的な学びに関して」「豊かなコミュニケーションに関して」「自己を見つめ、社会生活を見据えたコミュニケーション」)に分かれて学習会が行われました。
 午後には信州大学から教職支援センター教授である庄司和史先生をお迎えして「聴覚障がい教育における話し合い活動について」の講演をいただきました。
 講演会では、幼児期の言語の発達過程や特徴、また、小学部以降での口声模倣(言われた言葉を真似て言う)の意義や指導する上で大事なことをお話しいただきました。

<指導する上で大事なこと>
①聴覚活用を重視し、聞こえやすい環境でことばをかける
②歯科雨滴に、互いの口元や表情、身振り、手の動きなどが見えやすいように注意すること
③多語文にこだわらず、できるだけシンプルに置き換える。
④曖昧なこと、はっきり分からないことは、無理しない。
⑤継続したやりとりの中で、言葉に置き換えること。


 さらに、聾学校(聴覚支援学校)の課題もお話しいただき、一同、課題解決のために一人一人がやらなければならないことを確認する場ともなりました。

 講演会の最後に聞いた『一番大事な専門性は「やる気」である。やろうと思ったら明日からでもできる。その、やる気が大事なんだ』と言う言葉が胸に刺さりました。
 
 この研修を活かして、2学期の指導にあたりたいと思いました。
12:10